【セミナーご案内】ホテル・旅館経営者が行えるムスリム対応具体策

現在、日本には約十数団体のハラール認証団体が存在しておりますが、認証にかかる費用が多額であったり、認証を得るために長時間を要したり、認証のハードルが高かったりするなど、様々な課題があります。

大手のホテル・旅館であれば、認証のための多額の資金や時間を投じることもできますが、中小規模のホテル・旅館では二の足を踏んでしまうのが現実です。

訪日するムスリム(イスラム教徒)の方をお迎えするにあたっては、認証を受けていることが望ましいですが、本当に認証がなければ、ムスリムの方をお迎えすることはできないのでしょうか。

認証がなくても、「ここまでは対応できます」という情報を、ホームページやFacebookに掲載することで、ムスリムの方の理解を得ることができます。

では、その「ここまでの対応」とは、具体的にどんなことをしておけばよいのでしょうか。

当セミナーでは、岡山県内でハラール認証のパン製造や、岡山市・旅行会社と共に、「ヘルスケア及びムスリムフレンドリーツーリズム」に取り組み、
マレーシアやインドネシアからムスリムの方を、ツアーに迎えている田原様にお越しいただき、「多額の費用をかけなくても行えるムスリム対応」についてお話いただきます。

全世界に約19億人、東南アジアだけでも約4億人といわれるムスリム市場との関わり方について、考えてみるきっかけになればと思います。

セミナー要綱

【日時】2016年9月12日(月)13:30~15:30(13:00開場)

【場所】TKP東京駅丸の内会議室 カンファレンスルーム5
(地下鉄有楽町駅/日比谷駅B3出口直結。JR有楽町駅徒歩2分)

【受講料】お一人様 5,000円(税込)
(ハラール認証されたパンのお土産付)

【定員】24名

【講師】田原 尚子様
アーレムジャパン株式会社 代表取締役
<講師経歴>
カナダ留学中にイスラム文化に触れる。帰国後、通訳者として多くのムスリムと接し、都度、食事等の対応を迫られる。
2003年独立、英語スクールを運営。並行して2013年に、岡山県でハラール促進活動を開始。地元企業・自治体と勉強会や事業を立上げる。
2015年イスラム教に改宗。同年、ハラール認証取得企業代表者等と、米粉を使用した、日本の新たなハラール商品を開発し、製造・販売を行う。その他、イスラミックツーリズム関連の会社を設立し、マレーシア、インドネシアからの誘客に力を注ぐ。

【お申込み方法】
以下の内容を記載の上、こちらからメールにてお申込み下さい
追って受講票をメールにてお送りいたします。
セミナー開催3日前までに受講票が届かない場合は、恐れ入りますがご連絡くださいませ。

・施設様名
・役職
・参加者氏名
・メールアドレス
・電話番号

【注意事項】
※受講料は事前振込にて承ります。振込先は受講お申込後にご案内いたします。

※本セミナーは、弊社同業者はご受講いただけませんので、ご了承くださいませ。