でも、ITって難しいでしょ? ましてや、補助金の申請なんて、ハードルが高いと考えていませんか?

先日、WEBニュースでのIT導入補助金の特集を見た時のこと、「申請にはとても手間がかかる」「申請のプロに依頼しないと採択されない」「申請の労力で補助金以上のお金がかかる」といった内容が紹介されていました。

ここには大きな誤解があります。IT導入補助金の申請は決して難しくなく、そこまでネガティブに考える補助金ではありません。何ページにも渡る公募書類が、そう思わせてしまうのかもしれませんね。

実際の申請は、インターネット上のポータルサイトで回答ページに申請内容を記載する形式になっていて、申請者側が図やグラフなどを駆使したプレゼンテーションのような訴求はできません。

IT導入補助金採択のためには、ITツールの導入が補助金の目的(生産性向上)、自社の課題をきちんと解決できるかどうかを、記載することだけで、要点をしっかりと捉えた申請内容となっていることが重要です。要領よく記入すれば1時間もあれば完成してしまいます。

採択後の提出書類についても、請求書や振込明細の控え提出などで、特別な書類を提出しなければいけないこともありませんし、経過報告の内容も、売上高や粗利、勤務時間数などの数値情報と生産性向上の計画値に対して、未達だった場合に未達理由と改善策を提出するだけで済みます。

 

そこで、ご提案です。もっと、お気軽に
『IT導入補助金』を利用してみませんか?

私たち、株式会社ユーコムは、事務局の認定をうけたITベンダー(IT導入支援事業者)です。私たちは、申請企業様の共同事業者(=パートナー)として、この補助事業を支援する役割を担っています。

たとえば、「販売活動や顧客対応を効率化したい」「調達や供給など物流を効率化したい」という課題があり、その課題をITツールで解決できるかと考えても、

  • どういったITツールを導入すればよいのか
  • ITツールを導入したとして、どのように活用すれば効率化できるか

などは、なかなかイメージがわかないのではないでしょうか?

そういった、経営上の相談に乗りつつ、課題解決のために最適なITツールを選択し、さらに申請事務のサポートまでをするのが、私たちIT導入支援事業者です。

ご相談いただいたからと言って私たちからの提案を必ずやる必要はありませんし、無理な営業をすることもありません。

まずは、「こんな課題を解決したいがITツールの活用で解決できるか?」とご相談をください。

 

そうは言っても制度の概要や、ユーコムのことを知っておかないと・・・・、という方は以下に制度の概要と当社のご紹介をさせていただいていますので、ご覧ください。

 

IT導入補助金事業の目的

中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス対応等)等に対応するため、自社の置かれた環境や強み・弱みを認識、分析し把握。経営課題や需要に合ったITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入することで、売上アップ・労働時間の削減・業務効率化といった生産性の向上を図ることを目的としています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行が継続している中で、ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルの転換に向けて、労働生産性の向上とともに感染リスクに繋がる対人接触の機会を低減する業務の非対面化に取り組むITツールの導入に対して補助率を引き上げて優先的に支援を行います。

補助対象

 中小企業・小規模事業者等が対象となります。詳細はこちらからご確認いただけます。

事業内容

製品・サービスの生産・提供など、生産活動に資する事業を行っている中小企業・小規模事業者等が、自社の強み・弱みを認識、分析し、生産性向上のためのプロセス改善と効率化に資する方策として、ITツールを導入する事業者に対して、その費用の一部を補助するものです。

また、業務の非対面化に資するツールの導入を前提に遠隔でのサービス提供が可能なビジネスモデルへの転換に資する労働生産性の向上を目的として導入するITツールに対しても、その費用の一部が補助されます。

補助事業概要

  ※プロセスとは、業務工程や業務種別のこと。

  ※賃上げ目標とは、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加、
   および事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を
   地域別最低賃金+30円以上の水準にする。

株式会社ユーコムってどんな会社?

当社のキャラクター
ユーコです。
皆様に愛されるよう
日々精進しています。

この機会に
覚えていただけますと
幸いです。
よろしくお願いします。

ユーコムのご紹介

株式会社ユーコム
◆老舗ホテルシステムベンダー
 ・開発開始:1983年~
◆テーマは『想い』
 ・オーナー、支配人様の熱い『想い』に応える
◆価値ある『サービス』を提供
 ・単なる「システム」ではなく、価値ある『サービス』を提供​
 ・1社1社それぞれのコンセプトや戦略、課題に応じた最適かつベストなシステムの提案​
 ・業務フローの改善・改革をはじめとする施設経営コンサルティングなど徹底したビジネスサポートを実施​
◆宿泊特化、高級旅館、リゾートホテルからフルサービスまで多様な業態に対応
 ・1社1社それぞれのコンセプトや戦略、課題に応じた最適かつベストなシステムの提案
 ・サブシステムの組合せによりシステムのカバー範囲を柔軟に選択可能
◆すべてが自社開発
 ・自由なカスタマイズ
 ・ワンストップの保守対応
◆30年以上の経験に基づく導入実績
 ・導入施設数:800施設以上
 ・客室数:1,500室/棟
◆業界コンサルタント様からの評価
 ・システムの技術はかなり高い
  データベースにオープンソースのPostgreSQLを採用している
  クラウド対応も手軽にできる、とても重要なポイント
 ・気軽に相談できる存在
  ITシステムは導入後が勝負
  IT環境は日々進化している。
  気軽に相談に乗ってくれる数少ないベンダーの1つ
  業界の事情もシステムもわかる希少な存在

ユーコ劇場 こんなこともしています。

ユーコムのシステムを導入されたお客様の声

手厚いフォロー体制とカスタマイズの幅でユーコムを選択

ホテルニューイタヤ 宿泊部主任 吉葉智之氏

2006 年にホテルシステムの導入が決まり、5 社ほどのシステムを比較検討した結果、最終的にユーコムのシステム(ホテル宿泊予約管理・フロント会計システム「フロントマネージャー」及びレストラン会計システム「レストランマネージャー」)を選択しました。その理由は、システム自体が私たちの要求を満たす機能・使い勝手を備えていたことに加え、ユーコムによる導入後の手厚いフォローが期待できたからです。
システムは、使いこなすことができて初めて恩恵をユーザーにもたらすものですから、購入先の企業の社風・体質も選択の際の重要なポイントでした。
さらに、これは導入後に実感したことですが、現場の声を柔軟に反映できるカスタマイズの幅の広さもユーコムの良いところです。
一昨年レストラン会計システムに、本来は別システムに備わっている宴会予約管理・会場押さえ機能を移植してもらい、一元管理できるような環境を整備しました。もちろん帳簿も私たちの要求する仕様に沿ったものが出力できるようカスタマイズしてもらいました。

ニーズに最適化されたシステムを実現

ダイヤモンド 瀬戸内マリンホテル 支配人 西岡 晃氏

当ホテルは、2000 年からユーコムのホテルシステム(ホテル版)を使用していました。導入時のバージョンは操作が簡単で、日常業務を行なうには十分でしたが、数年前システムを刷新することになりました。理由としては、ホテルシステムの利用目的が広がったためです。
さらなる生産性向上と営業の機会損失を減らすために、より細かなデータ蓄積と活用のできるシステムを探すため、複数企業によるコンペを行ないました。その結果、新たに開発されたユーコムの「旅館・リゾート版」を採用しました。
決め手は使い勝手の良さと、カスタマイズの柔軟性が高いことです。ホテルの規模や付帯施設・関連施設の数や種類によって、そのホテルに最適なシステムは異なります。私たちの絶対条件は「ダイヤモンド瀬戸内マリンホテルのニーズを満たして構築したシステムであること」でした。
おかげさまで、宿泊、バンケット・婚礼、温泉施設・スパなど、部門間の連携がスムースになり、営業状況の分析や予約状況、ハウスキーピングの帳票、食事の手配表といった帳票の抽出項目や表示・出力形式にいたるまで、細かな要望が反映されたシステムとなりました。

システム導入の決断、おもてなしの充実へ

北陸山代温泉 ホテルききょう様

以前は手書きの台帳と、他社のシステムを利用していましたが、サポートが切れるタイミングで数社検討した中で、ユーコム社が内容や金額、サポートなどを含めて優れていると判断したため、導入を決めました。導入の際に特に気がかりになっていたのは、現場のスタッフが以前のシステムと違い、慣れていないため起こる混乱や不安です。そこをできるだけ避けるためにどうすればよいかと、ユーコム社に聞いたところ、親身に相談に乗っていただき、弊社仕様にカスタマイズしてもらえて、以前使用していた他社製のシステムに似せ、さらにひと目で分かるようにするなど、これまでよりも操作がよくなりました。スタッフはパソコン作業になれている者ばかりではないのでとても助かりました。
私はユーコム社のシステムを使い、会社における働き方改革を成し遂げたいと思っております。われわれ北陸エリアは人手不足でとても困っており、労務軽減、生産性向上は今まさに必須事項です。現在システムはフロントのみでの使用ですが、今後は調理場や客室係の作業とシステムを連動させ、より効率的にしていきたいです。作業的な時間を少なくすることで、少しでもおもてなしの時間を充実させればお客さまの満足度もあげられるはずです。そのためにユーコム社のシステムを選んだと言っても過言ではありません。
建物や客室、設備、システムなどすべてにおいて改善、改良を繰り返し、よりよいおもてなしができるようにしていきたいと思います。

機能とアフターフォローの優位性からユーコムを選択

宇多津グランドホテル様

2015 年に、それまで使っていたホテルシステムの保守契約期間の終了を機会に、私たちの施設に最適な機能を備えた新たなシステムの選考作業を行ないました。
選考に当たっては、旧システムで感じていた機能面の不完全さや、不具合の発生といった不満点を解消できるシステムであることが絶対条件でした。
さらに、予約経路の複雑化やゲストのニーズの多様化などが急激に進んだ結果、以前のシステムを導入したときに比べて、システムの優劣がホテルの生産性向上やビジネス機会損失の最小化、そして顧客満足度の底上げなど、経営の根幹にかかわる部分に大きく影響する時代となりましたから、選考には慎重を期しました。
そして、複数の企業のシステムを比較検討した結果、最後まで残ったのが機能面や使い勝手に優れ、アフターフォローの体制も手厚いユーコムのシステムでした。
ホテルは 1 年 365 日、昼夜にかかわらず営業し続けていますから、システム選びにおいて、手厚いアフターフォローが受けられることが非常に重要なポイントです。私たちがユーコムを選んだ大きな理由の一つが、トラブル発生時に遠隔操作による 24 時間サポートサービスでした。困ったときはすぐに対応してもらえるという保証を得ているので、夜間勤務の際などでも安心です。

予約に気づかなかった導入前

沖縄ホテル様

以前使っていたシステムはサイトコントローラーからの予約の読み込みは手動で行っていたので、当日予約に気づかないことが多く、また読み込みしたあとも反映されていないなど、予約担当者が入力するのに時間と手間がかかっていました。
新システムを導入することが決まり、3社に見積もりとシステムの説明会をしてもらい、最初は通常のホテルシステムで説明されましたが、当ホテルは宴会場も所有しており、旅館システムが最適だということで、一番使いやすく、希望する細かい内容にカスタマイズできる点が決め手となり、ユーコム社のシステムの導入に踏み切りました。システムの切り替えには慣れという点でも最初は時間はかかりましたが、自動読み込み機能で必要記入項目もほぼ入力されているので、省力化と、生産性向上が実現し、お客さまの対応により多くの時間を割けるようになりました。特に良かった点は、当館独自の食事手配表です。宴会や個人の夕食等で宴会カードを見ながら1組1組、1から入力していましたが、今まで作成していた手配表に似せて、当ホテル仕様にカスタマイズしていただいたおかげで、業務効率が飛躍的に向上しました。
また、不明点があればすぐにサポートセンターに連絡するのですが、解決するスピードも非常に早く、親身になって相談も受けても らえるので安心しています。

ユーコムがご提案できるITツール 自社パッケージソフトであるホテルマネージャーシリーズラインナップを中心に
各種ITツールをお選びいただけます。

ITツールの選定もお気軽にご相談ください

フロントマネージャーforフルサービス

フロントマネージャーforビジネス

フロントマネージャーforリゾートホテル

フロントマネージャーfor旅館

その他、法人企業様向けITツール

現在公開可能な情報です。追加の登録申請は随時行っておりますので、貴社に最適なITツール選定で迷われている場合には、ぜひご相談ください。

会計ソフト:勘定奉行11 勘定奉行クラウド PCA会計 PCA会計DXクラウド
給与計算ソフト:給与奉行11 給与奉行クラウド PCA給与DX PCA給与DXクラウド
販売管理ソフト:OBC 商奉行11 蔵奉行11 商蔵奉行11 商奉行クラウド 蔵奉行クラウド 商蔵奉行クラウド PCA商管DX PCA商魂DX PCA商管クラウド PCA商魂DXクラウド
人事管理ソフト:OBC 人事奉行11 総務人事奉行クラウド PCA人事管理DX PCA人事管理クラウド
勤怠管理ソフト:就業奉行11 勤怠管理クラウド

IT導入補助金に関するお問い合わせはこちら

以下の必要事項をご入力いただき、送信ボタンを押してください。

当社個人情報の取扱いについては こちら をご確認ください。