ソフトウェアVPN設定サービス リモートでも社内に居るかのような使い勝手をご提供

Software VPN Service

外出先のノートパソコンから、社内環境にあるファイルやソフトを安全・安心に使いたいと思ったことはないですか?
今なら一部の部署でテレワークなども行われていて、自宅作業中に社内資源に接続できれば・・・と思ったことはないですか?

もしくは、

コロナ禍で売上が落ちてる中で過剰な投資は無理・・・
難しいことをやらせるのは現実問題出来ず・・・

こんな流れで諦めていませんか?

この問題を解決する方法として「ソフトウェアVPN設定サービス」をご紹介したいのですが、その前に基礎知識を少しだけお話させてください。
自分は分かるから大丈夫と仰られる方はどうぞ飛ばして先に進めてください。

「VPN」とは?

VPNとは「Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)」の頭文字を取ったもので、日本語で言い換えると「仮想専用回線」となります。文字通りインターネット上に仮想の専用通信線を設定し、許可された特定の人のみが利用できる専用ネットワークのことになります。情報漏洩などが心配なインターネット上で、自動的に通信内容全体を暗号化してやり取り出来ることがメリットとなっています。
VPNイメージ
聞かれたことがないかもしれませんが、複数拠点で個人情報や重要情報を多く取り扱う企業においては必要不可欠な技術となっております。

ソフトウェアVPN設定サービス

多くのVPNでは繋ぐ双方にルーターと呼ばれる機器を入れ、ルーターに対してVPNの設定を行うことで、PC側の設定を最小限もしくは設定不要で利用します。こうした利用は事業所間など固定の場所間では非常に便利です。とはいえ、逆に外出先や一時的に利用するリモートワークには、非常に面倒かつコストパフォーマンスが悪くなるのはご推察通りです。

ソフトウェアVPN設定サービスでは、施設側・持ち出し側ともに特別な機器の新規購入は不要になります。
代わりにソフトウェアによって仮想の機器をパソコン内に設定することで代用し、追加投資を最小限に押さえながら、自分が自席にいる時と同じように社内のサーバーやNASなどにあるファイルを利用可能になります。
このサービスを導入頂く事で、毎回ファイルを持ち出す面倒や、USBメモリなどで持ち出した際の紛失リスクも回避できるようになります。
また、クラウド対応されてない社内に導入されているソフトについても、設定変更なしで同じく使用することが可能になります。既存システムや運用などをクラウドサービスに乗り換えることなく、使い慣れた環境のままテレワークにも対応できるのが強みです。

詳細については以下よりご連絡ください。

以下の必要事項をご入力いただき、送信ボタンを押してください。

当社個人情報の取扱いについては こちら をご確認ください。